お客様の声・導入事例

長池脳神経クリニック 様

脳神経内科クリニックにおいて診察券兼次回予約カードとして運用

導入の経緯
従来紙製の診察券に次回診察日時を手書きで運用していましたが、診察回数の多い患者さんに対しスマートな診察券をお渡しできる事を目指して導入。

導入のポイント
患者さんの名前と患者IDを記載でき、かつ次回予約日時をリライトカードに印字できる機能があること。

導入の効果
紙の診察券では、使っている内に痛んでボロボロになり、その都度予約日時を書いていたのでインクがにじんで汚くなったりしていました。
当院を信頼して定期的に通ってきてくれる患者さんほど診察券の傷みが激しくなるのでこれでは申し訳ないと思いこのシステムを導入しました。

システムの概要

東洋エレクトロニクス(株)社製
TCS-209Xスタンドアローンタイプ

Windows XP搭載ノートPC

運用方法の特徴

カードリーダーライターとパソコンを常時接続してパソコン側から患者さんのお名前を送信した上で発行しています。
次回の診察日時はカードリーダーライター単独の機能により患者さんのご希望日時をお聞きした上で入力して印字・発行しています。


 お客様情報

長池脳神経クリニック
院長 丹羽 直樹
〒192-0636
東京都八王子市別所1-75-3
042-678-7360
URL:http://www.nagaikeneuro.com/index.html

<院長資格>
日本神経学会神経内科専門医
日本脳卒中学会専門医
日本頭痛学会専門医
日本内科学会認定内科医
身体障害者福祉法指定医
ボトックス療法認定資格医
2002年12月に院長の丹羽直樹先生が神経内科専門クリニックとして開院された長池脳神経クリニック様。
「患者も医療者も共に納得できる、質の高い診療技術を提供する事」をポリシーに開院以来数々の患者さんと向き合い、多くの治療実績を残しておられます。

→ 導入事例トップ

資料請求・お見積もり・ご相談などお問い合わせはこちらからTEL:048-826-3863FAX:048-823-3856

CARD-1616.com

Point55.net

みんなで止めよう地球温暖化:リライト診察券はエコロジー

ISO  Pマーク

プライバシーマーク認定取得
ISO9001認定取得